クリエイターを、「食業」に。

サウンドクリエイターとしてフリーで活動する楽曲制作者、NR-Takaの、クリエイター問題に対してあれこれ考え、書き連ねるブログです

クリエイター問題(クリエイターサイド)

ランサーズに苦情を申し立てた話

皆さん、おはようございます。 以前から「ほとぼりが冷めたら投稿します」と書いていた記事について投稿します。 その内容は…タイトルのとおりです。

「好きなことやれるなら貧しくていい」には断固反対だ!

※今回は、かなり強い主張のため、攻撃的な表現および同業者に対して批判的な内容を含みます。 皆さん、おはようございます。 先にも書きましたが、今回は「自分があるべきと思うクリエイターの姿」と異なる主張が力を持っていることを懸念し、このままではい…

【改訂版】仕事に値段をつける「陥りやすい価格設定」

皆さん、おはようございます。 ブログ立ち上げに近い時期にこんな記事を書きました。 nrts-creator.hateblo.jp この記事の中で、「作業時間の時給を決めて、制作に必要な時間を掛けた金額を額面とする」と書きました。 しかし… 陥りやすい価格設定の罠 作業…

今まさに絶好のリセットポイント

皆さん、おはようございます。 オンラインで営業し、仕事を請け負うクリエイター業が拡大し始めた時代… 数多のクリエイターが、様々なやり方で切磋琢磨している今… 今まさに、絶好のリセットポイントであると考えます。

商売の原則は

皆さん、おはようございます。 このブログでは、何度か「クリエイターは個人事業者だ」ということを繰り返し発信してきました。同時に、「クリエイター”業”」ということも。 今回は、改めて「クリエイター”業”」とは何たるかを語りたいと思います。 商売の原…

即売会における「スペースいただきました」って言い方は…

皆さん、おはようございます。 もうすぐ運命の分かれ道がやってまいります。 今年の「その日」は6月8日、人によってはツイッターのタイムラインが夕方から氾濫し始めることになるでしょう。 しかし、最近になって気になることがあります、それが…

『クリエイターを、「食業」に。』の影の目的

皆さん、おはようございます。 クリエイターがクリエイターとして生き、生業とし、自活できることを目指し意見を文章として紡いできた本ブログ、もう少しすると開設から2年になります。 これまで、フリーのクリエイターがネット上でどう展開するのかを吟味…

悪影響を与える人は切り捨てればいい…?

皆さん、おはようございます。 クリエイターの身のあり方について、よく語られるのはこんなこと。 「嫉妬する人からは遠ざかれ」 「相手を蹴落とすことを是とする人に近寄るな」 「批判ばかりする人の言うことを聞くな」 今回はこれらについて考えたいと思い…

笑うのは体にいいですよ!

皆さん、おはようございます。 健康というのは、何も肉体が健やかであるという、フィジカルな要因だけではありません。考え方や心のあり方といった、精神が健やかであるということも含まれます。特に精神的な健やかさについては、肉体的な健やかさよりも遥か…

作品を無料公開する理由

皆さん、おはようございます。 この記事を書く前日に、「クリエイターが無料で作品を公開する理由」を考えることがあったので、シェアします。 概要 「クリエイターは無料公開して初めて認められるようになる」 言ってることは間違っていませんが、この言葉…

職業イメージは大切に

皆さん、おはようございます。 今の季節ではないですが、ここ数年、大体6月頃になると、決まって聞かれるのがこういう話題… JASRACによる無許可での権利曲使用に対する督促 www.ec-engine.info これについては感情論なども入り混じり賛否両論でここ最近荒れ…

「月収入を公表すること」の危険性

皆さん、おはようございます。 フリーのクリエイターの中には、ブログ活動が顕著な方は少なくありません。 作品制作のみならず、ブログ活動から存在を知り、案件獲得につながるというケースもあります。 特にこのご時世、前歴なくフリーのクリエイタースター…

安物買いの銭失い

皆さん、おはようございます。 シルバーウイークという、先月も先々月も普通にあったのと同じ3連休を前に、こんな問題が湧き出ました。

なぜクリエイターは買い叩かれるのか

皆さん、おはようございます。 クリエイターの仕事が買い叩かれる、というのは、クリエイターがさらされている不遇の1つ。その要因は様々ですが、今回は買い叩かれる要因の1つについて掘り進めていこうと思います。 なぜクリエイターは買い叩かれるのか 単刀…

携帯キャリアから見る「安いには理由がある」

皆さん、おはようございます。 こんな話題が盛り上がっていたので、採り上げてみました。 「格安スマホ」の相談件数、去年の約3倍に 簡単に説明すると 格安料金を謳っている、いわゆる「格安スマホ」の使用者から、国民生活センターに寄せられた相談件数が…

普通のクリエイターを目指したい

皆さん、おはようございます。 新年度になったことですし、先月、クリエイターはどうあって欲しいのかというのを書いていきたい、と描いた記憶が有ります。 これについては、色々と書きたいことがあって考えがまとまらない状態ですが、先立って書きたいのは…

東京に出てきました

皆さん、おはようございます。 音楽制作の仕事を軌道に乗せるため、さらなる仕事の向上を目指すため、東京に進出したい…そういう思いを抱き、地方での活動を進めてきましたが… この春ついに 東京進出を果たしました。 なぜ東京進出を目指したのか

人工知能はクリエイターを脅かすか

皆さん、おはようございます。 先日、サウンドクリエイターとしては見逃せない話題を目にしました。 人工知能が作曲をするツールの台頭 これについては結構前から研究が進んでいたようですが、ここ最近になって日の目を見るようになってきました。曲調やジャ…

自信のある人・自信のない人

皆さん、おはようございます。 クリエイター問題の1つに「クリエイターがプロらしくない」ということはあります。 クリエイター業とは、商売をする人、クリエイター活動を事業とすることであり、それは決して「趣味の範疇で活動していたら生活できるように…

高い報酬が当たり前になるといいことがある

皆さん、おはようございます。 2017年は年頭から、クリエイター問題が世間を揺るがす展開となっています。 クリエイター問題は、クリエイター業を生業とする人だけの問題に留まりません。 なぜクリエイター業の闇が叩かれるのか 人間、対岸の火事につい…

なぜ制作は無料にならないのか

皆さん、おはようございます。 この記事を書いている時点で、芸人による作品の無料公開を「金の奴隷解放宣言」と称し、クリエイターの有償請負批判が話題となり炎上の様相を呈しているようですが… そのたびに出てくるのが、クリエイターの無償請負問題。決ま…

大阪市が批判に晒されている理由

皆さん、おはようございます。 新春早々、こんな記事が飛び込んでまいりました。 news.nifty.com

ツイッターのプロモーションから見る「貧すれば鈍する」

皆さん、おはようございます。 ここ最近、何かとiPhoneからツイッターを見ることが多いのですが、携帯端末用ツイッターはタイムラインの中にプロモーションという、いわば広告感覚のツイートが流れてくるようになっています。任意のツイートをお金を払うこと…

クリエイターなら知っておくべき「下請法」とは

皆さん、おはようございます。 クリエイターは個人事業者と言うのは、これまで何度も語ってきましたが、個人事業者という形で依頼を受けて制作の仕事をする点においては、クリエイターは個人事業者であり、下請けでもあります。 しかし、下請けというと、中…

モラルのないアートはアートにあらず

皆さん、おはようございます。 YouTubeにコンビニのおでんを指で直に触った動画を上げた男が逮捕され、また同じ時期に牛丼屋で紅しょうが用トングを使って牛丼を食べたり丼を頭にかぶるなどした男がネット上で炎上し、ニュースで報じられるなど、所謂「バカ…

自分の仕事に価値を見出す

皆さん、おはようございます。 クリエイター業というのは言ってみれば専門的な仕事をするわけであって、当然ながら制作に必要な専門的な知識や技術、それに伴う感性を持っているのですが… よくよく考えると、人にはない専門的な知識技術って、人にはない以上…

毎日1曲作る理由ってあるの?

皆さん、おはようございます。 音楽制作を本業にするというと、よく聞かれる声が「1日1曲作る」「100曲作る」といったものです。こういう生活を継続することが、プロになれる、プロにはそれぐらいの気概が必要だ、ということらしいですが… 時に疑問に思…

制作価格の内訳を考える

皆さん、おはようございます。 朝の連続テレビ小説で、ヒロインが商売をするために物を作り、店を構え、販売を開始したはいいが、肝心な商品の値段を決めていなかったというシーンが有りました。当然その後で「商売をしているのにそんな基本的なことを決めて…

アニメ業界がピンチらしいですね

なんとか生きてます… 皆さん、おはようございます。 水面下でのあれこれや、単にリアルが忙しくて、寝るかご飯か仕事してるかの状況が続いています。 ただ、ちょっと時間ができたこと、多忙の中でもこれは看過できないという話題があったので、今回はそれを…

アンダーマイニングとは

皆さん、おはようございます。 ようやくまっとうな秋の陽気になってまいりました。 ただ、夏日から急に秋の陽気になったので、衣服の調整が難儀したり、明け方寒かったり(寝ている最中は布団を蹴飛ばすほど暑かったり)と、油断していると作業しやすい時期…