クリエイターを、「食業」に。

サウンドクリエイターとしてフリーで活動する楽曲制作者、NR-Takaの、クリエイター問題に対してあれこれ考え、書き連ねるブログです

廃品回収車のあの音声は全国区だった!?

皆さん、おはようございます。

こちらは、クリエイターを、「食業」に。です。

f:id:nrts-creator:20170330213430p:plain

地元では廃品回収車が、女性のボイスを流しながら走り回っていました。散歩中によくすれ違うことが多かったのですが、あの独特な、なんか粘りつくようなナレーション…まさか、東京に出てきて、同じ音声を聴くことになるとは思ってもいませんでした。

これは全国区なんですか…!?

関東、東海、近畿で目撃事例多数

もちろん、同一人物が、同一業者がやっているというわけではありませんが、この同じ音声を流しながら走る廃品回収車は、どうやら全国に存在するようです。

調べてみたら色々出てきた…

 

www.koetatsu.com

聴いた感じ、声質はこういう感じではないのですが、「廃品回収業者専門」というニッチなボイスCDが、いくつかヒットしました。聞き慣れたボイスCDについては、調べてもヒットしないことを考えると、現在では販売を終了しているのかもしれません。

ただ、関連する動画とかをネット上で調べてみましたが…お世辞にもいい印象を持っている人ってあまりいないみたいですね…昼間とはいえ、音を撒き散らしながら走ることや、廃品回収への悪いイメージもあるようです。

余談

ナレーションというと「ただ単に原稿を読めばいい」というイメージは有りますが、実際にやってみるとなかなか難しいものです。

  • 意外と滑舌良く話せない
  • 意外と間違えやすい
  • リップノイズが入る

日常的に喋っているものをそのまま録音できるというのは、想像するは簡単だけど、やってみると難しいと言えるでしょう。

 

自分が仕事としてやっていることは、自分からしてみると造作も無いことかもしれませんが、やり方を知らない人から見ると凄いことをやっているとも思えることです。

自分を主観的、客観的に見ることができれば、自分の仕事にしっかりとした値段をつけることも難しくないでしょう。そういうクリエイターが増えれば、クリエイターを「食業」にできる人も増えるのではないかと思っています。

 

nrts-creator.hateblo.jp

nrts-creator.hateblo.jp