読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クリエイターを、「食業」に。

サウンドクリエイターとしてフリーで活動する楽曲制作者、NR-Takaの、クリエイター問題に対してあれこれ考え、書き連ねるブログです

2017年3月の報告

皆さん、おはようございます。

 

3月は東京進出を果たすという目標を達成した、人生で大きな1ヶ月となりました。

これから第2幕、クリエイターを「食業」にすることの確立を目指します。

さて、今月の定期更新です。

f:id:nrts-creator:20170331200156j:plain

アクセス数合計:4167

投稿記事数:11

1日の最大アクセス数:435@3/8

最小アクセス数:68@3/6

 

途中、引越しに伴うインターネット環境がない期間がありましたが、爆発的なアクセスを稼げたのはこの記事。

 

nrts-creator.hateblo.jp

いつの間にかレギュラー化した松屋新メニュー系記事。

当然ですが、アクセスは高い反面、ロングテールを期待することはできません。ただ、すぐにアクセスを稼ぐことができる時事ネタなので、アクセス数がほしい、という時には有効な方法ではありますが…問題はその後。

松屋関連で検索してやってきたのであれば、当然その先に誘導するための何かが必要になります。松屋目的できた人が、どうしてそれと全く関係ないクリエイター問題の記事に足を運ぶでしょうか。それを考えると、単にアクセスを稼げばいいとは限らず、アクセスする人の属性を絞り、その上でアクセス数を稼ぐ必要があると思います。もちろん、数撃ちゃ当たるなので、松屋目的で来た人がクリエイター系記事に目を通す可能性は無いとはいえませんが。

とはいえ、松屋の記事で釣って、その先のクリエイター関連の記事に誘導する、というのは、あからさますぎて読む側も興ざめするというのもありますし…今のところブログを楽曲制作窓口の1つにするを越えた営業展開は考えておりません。

 

そろそろ、クリエイターは何を目指すべきなのか…それを

  • クライアント側に求めるもの
  • クリエイターに求めるもの
  • 世間に求めるもの

と、わかりやすくした記事を作りたいと思っています。

もちろん、クリエイターを「食業」とする、そのための世界づくりは一朝一夕ではできません。しかし、だから行動しないのであれば、絶対に変わるわけがありません。

ローマは一日にして成らず。

でも、毎日積み重ねてきたことがあったから、ローマが成り立ったとも言えます。

 

クリエイター業の不遇を是正し、クリエイター業を営む素晴らしい世界を作りたい…そういう同じ思いを持った人とつながっていけたらと思っています。