クリエイターを、「食業」に。

サウンドクリエイターとしてフリーで活動する楽曲制作者、NR-Takaの、クリエイター問題に対してあれこれ考え、書き連ねるブログです

松屋の月見とろろ牛皿定食を再現してみた

皆さん、おはようございます(夏)。

 

松屋が火曜日(7月4日)から新メニューをはじめましたね。

夏にぴったり、とろろと卵と牛皿、そこにきゅうりナスなどの夏野菜を刻んだものを醤油ベースで味付けした、山形の郷土メニュー、山形だしを乗せた…

中の人はきゅうりが無理です

と、これが新メニューを記事にしなかった理由です。

しかし、それで終わっているわけには参りませんから…

月見とろろ牛皿定食を自作した

f:id:nrts-creator:20170707210906j:plain

必要なものは松屋で調達してきました。

真ん中は松屋の牛皿(プレミアム)。奥にはとろろと半熟卵があります。しめて450円なり。

牛めしととろろ…この相性は抜群です。夏、暑いときでもとろろの爽やかな味わいが食欲を増進します。更に卵を入れることで、栄養価も抜群です。

最初は牛めしで…

f:id:nrts-creator:20170707212115j:plain

牛めしとして純粋に味わうのもいいでしょう。プレミアム牛めしはこれまでの牛めしと比べると、煮上げたてのフンワリ感があるのがありがたいです。プレミアムじゃない店舗で同じぐらいの質にありつくとなると、そこに巡り会える運が必要になると思います。

あえてつゆを全部入れるのではなく、程よく調整するのがコツ。

とろろを入れます

f:id:nrts-creator:20170707212428j:plain

とろろを入れると、相対的に味が薄まるので、つゆを入れて調整しましょう。ご飯にかけるよりも、肉にかけるか、とろろを入れた後にかけると、味が行き渡ります。

f:id:nrts-creator:20170707212657j:plain

盛り付けの一例。

とろろを乗せ、その上に半熟卵、あとは焙煎黒七味と紅しょうがを添えて、いただきます。お好みでわさびを入れると、もっと清涼感が増します。

食欲が減退する夏に、しっかりと食べることができる…それがとろろを使ったメニューといえますが、とろろは傷みやすいので、早めに食べきる…とろろに留まりませんが、冷蔵庫の過信には注意が必要です。

 

そして、持ち帰りのいいところは、つゆだくとの相性の良さ。

店内で食べたり、直盛で弁当にしたときのつゆだくと比べ、牛めしのセパレートや牛皿の単品は、つゆの量をお好みに合わせて調整することができます。途中で継ぎ足すことだって可能です。

それだけでなく…

余った牛めしのタレは、煮物やつけうどん、天丼のタレとしても使えるので、料理のバリエーションも広がるでしょう。

 

暑くなってまいりました。

夏を乗り切るには、規則正しい生活と、栄養と、質の高い休養が大切です。