クリエイターを、「食業」に。

サウンドクリエイターとしてフリーで活動する楽曲制作者、NR-Takaの、クリエイター問題に対してあれこれ考え、書き連ねるブログです

プロのクリエイターになるには毎日8時間の消化が必要なのか

皆さん、おはようございます。

f:id:nrts-creator:20170722195716p:plain

ちょっと前に、「プロのクリエイターとして残れる人、脱落する人」という話題が物議を醸しました。その中でも焦点となったのは、「クリエイターは仕事や創作のために毎日8時間ぐらい費やさないとプロとして生きていけない」というところでした。

果たして、プロのクリエイターとして食業とし続けるには、1日8時間の活動が必要なのでしょうか…

結論です。

1日8時間ぐらい継続してやっていれば、クリエイターを生業としていくことができるでしょう。少なくとも、副業で、本業の片手までやっている人と比べると絶対的な時間が違うので、毎日8時間費やしている人には敵わないでしょう。

おしまい。

…終わっちゃダメだ。

8時間あれば何ができるのか

単純に創作の時間に充てられる

作品作りに充てられます。

商用素材を制作したり、デモンストレーション用の素材を用意することができます。

また、技術の実践をすることもできるでしょう。

知識技術向上のために研究できる

イラスト制作のための技術研究、新しいジャンルの音楽制作のための編曲の研究といった直接的なものから、素材の調達や取材などの間接的なものまで…

商売人としてのスキルアップができる

クリエイター業は商売です。仕事が来なければ意味がありません。

作ったものを販路に乗せる、そのために営業活動を行う、営業のための戦略を構築するなど、創作以外の必要なスキルを磨くことに使えます。

人に会う時間がある

直接的な営業といえば、アポを取って人に会うこと。もちろん、営業だけでなく、同業者に会って見聞を広めたり、セミナーに参加してスキルアップを図ったりすることもできますし、何より、人に会う時間が多いということは、相手の都合に合わせやすいので、アポを取りやすいということでもあります。そしてその中には、副業や兼業ではアポを取りにくい相手も居るでしょう…

 

もちろん、クリエイター業を進めるにあたり、8時間をしっかりと業務に使う必要があるわけで、8時間の時間があっても無駄に時間を溶かすだけではクリエイターを本業とすることはできないでしょう。

 

クリエイターを、「食業」に…

 

…終わっちゃダメだ。

毎日8時間使うことへの疑問

「クリエイターを食業とするのであれば、毎日8時間仕事に使わないといけない」と言われても、まず副業や兼業では時間が確保できません。そこからクリエイター専業を目指すにしても、8時間という絶対量を確保できない以上、どうしようもありません。

では逆に、毎日8時間使える人はどんな人なんでしょうか。

  • 現状クリエイター業で生活できる収入がある人
  • 働かなくても経済的に困ってない人
  • 本業で安定収入を確立した上で8時間確保する

この3パターンに尽きると思いますが、現実味を帯びているのは上2項でしょう。第3項をガッツリやるぞというガッツ溢れる人もいるでしょうけど、どこかで無理が祟ってクリエイター生命を奪われる事態に陥るのが関の山だと思われます。

働かなくても経済的に困っていない人となると、その条件は相当シビアになります。パッと思いつくといえば、学生か、十分な貯蓄を手にして脱サラした人か…いずれにせよ、時間制限が厳しいし、なにより、経済力が物を言います。プロの機材を揃えるには、莫大なお金が必要です。

それを考えると…毎日8時間使ってクリエイター業を維持することができるのは、現状クリエイター業で生活できる収入がある人ぐらいです。

総括

おわかりかと思いますが…巷にあふれている「クリエイター業で生き残るためには…」という戦略は、決して初心者向け、クリエイター本業を目指そうとする人向けの戦略とは限らず、むしろクリエイターとして生活を確立できているレベルの人向けの戦略であることが多いと思えます。

ただ、どうしても「現役のプロが言ってるんだから自分にとって正しい」と思い込みがちになり、プロになるために何だってする、プロが言ってることができなきゃプロには成れないんだと自身を奮わせるも、そもそもその戦略自体が本人の立ち位置に不相応であるケースであれば、ローギアで自転車を全力で漕ぎ続けるようなもの、途中で気力も体力も持って枯れてしまいかねません。

とはいえ、じゃあどうやってクリエイターになりたい人がクリエイターになるのか…

願わくば、現場でプロを育成する地盤がほしい

プロのクリエイターとして食っていくために8時間の時間を確保でき、それで生活が確立できる方法が有ります。それが、プロ候補として現場に入ることです。現場で様々な心技体を磨き、クリエイターとして育ちつつも、仕事をするので生活が保証される…何より、仕事自体が修行になるので、ガッツリとスキルアップに臨めるわけです。

しかし問題は、現場でプロを目指すという地盤そのものの敷居が高いこと。

教育するにはお金がかかる、負担になる、クリエイターを目指したい人が多く、門前で椅子取りゲームが展開される…何より現場に予算が落ちなくなり、教育をするだけの余裕がない…だから現場は即戦力を必要に応じて引っ張ってくる…で、クリエイターを育てると言ったら専門学校だが、専門学校というと良いイメージを抱かない人も多い…その間にも、クリエイター業は先行きが不透明になっていく…

クリエイターを育てることは、業界の未来を育てること。

クリエイターを食業とする戦略も大切ですが、愚直にスキルアップを図って仕事を得て、クリエイター専業を確立する環境も大切だと思います。

関連記事

 

nrts-creator.hateblo.jp

 

 

nrts-creator.hateblo.jp

 

 

nrts-creator.hateblo.jp

 

 

nrts-creator.hateblo.jp

 

 

nrts-creator.hateblo.jp

 

オーディオストックがwav形式で音源販売を始めた話

皆さん、おはようございます。

 

f:id:nrts-creator:20170714204927j:plain

オーディオストックは、筆者も楽曲を提供している楽曲販売サイトです。

この度、前々から予定されていたwav版の取扱が始まりました。

この知らせを受けて、やっとか…という思いでした。

wav版は必要なのか

これまでオーディオストックが提供していたのは、当然mp3フォーマットの音源です。しかし、今回wav版の取り扱いをはじめました。しかし、中にはmp3フォーマットで十分、wav版は必要ないという声も聞かれました。

これについては、運営、購入者、クリエイターにとってメリットがあると考えます。

mp3を統一できる

mp3形式で販売するとはいえ、mp3形式にもばらつきが有ります。ビットレートは一般的な128kbps~高音質の192kbps、最高品質の320kbpsまで…更にサンプリング周波数44100Hzだけでなく48000Hzまで…

mp3のビットレートのばらつきは、運営側からすると品質のばらつきにつながります。特に128kbps、160kbpsの音源は、320kbpsと比べると数値を見て「相対的な品質の悪さ」に思われることが考えられます。

また、クリエイターがこれまでmp3形式で作品を登録する際、48000Hzのサンプリングレートで作ってしまい、登録の際に弾かれたという手間を覚えた人は少なくないと思います。(なぜそれが起こるとかというと、制作時が96kHzなどのハイレゾで、ミックスダウンの際にmp3を同時に作る場合、勝手にダウンサンプリングするので気づかないため)

mp3=圧縮されたファイルというイメージ

mp3は、wavファイルのビットレートを巧みに調整することで、音質をさほど損ねることなく、ファイル容量を1/10程度に削減することができます。それでも、ビットレートを320kbps程度に上げれば、wavファイルの1/5程度の容量で、wavと大差ない音質で扱うこともできます。

しかし、mp3と聞いて、圧縮音源という負のイメージから抜け出すのは、なかなかに難しいとは思えます。先述しましたが、mp3にも様々なビットレートが存在します。特に気に入って購入した音源のビットレートが低かった、というのは、購入者に傷を遺し、これが元で顧客が離れれば、クリエイターや運営も、誰も幸せになりません。

それに、昨今はストレージが大容量かつ大容量ファイルをダウンロードすることが珍しくなく、数ファイル程度のwavファイルであれば、mp3ファイルという圧縮形態を選ぶ理由もありません。最初からCD-DA規格で統一されたwavファイルを手に入れれば、規格に関わるトラブルを回避することもできるでしょう。

今後はハイレゾも期待できるかも

当然、wav形式というのであれば、ハイレゾ音源の販売も視野に入ってくることでしょう。普通に聴くだけであれば、ハイレゾにする必要性は高くはないですが、音声収録や音響などの現場においては、高音質で収録した音声と規格を合わせたいというのもあるかもしれませんし、今後再生環境自体がCD-DA規格の鎖を断ち切って、ハイレゾ化する可能性だって十分に有ります。

ただ問題は、wav形式でマスター音源を預かるということは、当然運営のストレージを圧迫することになるので、サーバー周りの維持費やトラブル、登録する音源の審査の厳格化など、様々な問題が湧いてくることは避けられません。

 

とはいえ、クリエイターが音楽を販売することでベーシックインカムの底上げができるシステムは、非常にありがたいものです。ベーシックインカムが底上げできれば、その分の時間を、創作や研究などの投資に充てることができるのですから。

いずれは「オーディオストックだけで年収200万」とか狙ってみたいですね。

筆者が販売している音源はこちらから。

比較的、映像やバラエティ系との相性がいい曲が多いです。

 よしなに。

audiostock.jp