読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クリエイターを、「食業」に。

サウンドクリエイターとしてフリーで活動する楽曲制作者、NR-Takaの、クリエイター問題に対してあれこれ考え、書き連ねるブログです

2017年1月の報告

定期更新

皆さん、おはようございます。

2017年1月分の報告についてです。

f:id:nrts-creator:20170201214449j:plain

アクセス総数:3600+α(おおよそ3670程度)

投稿記事数:12

最大アクセス数:352@1/26

最低アクセス数:43@1/14

 

アクセス数については、休日や祝日ほどアクセス数が多い傾向にあります。

しかし、このグラフを見ると、そんな平日休日のバイアス関係なく、ある時を境に急激にアクセス数が伸びています。その要因は…もはや言うまでもありません、こちらです。

ざんっ。

 

nrts-creator.hateblo.jp

松屋ネタについては、牛焼肉定食ワンコインフェアの記事も作りましたが、アクセス数の高騰を引き起こしたのは上記記事。個人的には先月、シチューに対して世間が湧いていたので、シチューつながりで盛り上がるんじゃないかな、と思っていたら、予想通りアクセス数が高騰しましたね(とはいえ、ここまで高騰するのは予想外でしたが)。

松屋という身近な存在に対する記事だからアクセスが上がるとは限らず、どちらかと言うとレビュー記事を求める傾向がある、と読むことができます。

それ以外の記事については、いらすとやがクリエイターの仕事を奪うのか記事以外、アクセスはバラけている傾向にあります。クリームシチュー系の記事は時間の流れでアクセスが目立たなくなってしまったので、おそらくビーフシチューハンバーグの記事も、現在はアクセスソースになっているものの、時間経過でアクセス数が目立たなくなってくるでしょう。

 

nrts-creator.hateblo.jp

 

なので、記事には全部で2種類。

ビーフシチューハンバーグの記事のように、話題性が高いが長続きしない一発屋タイプ

なぜ無償請負はいけないのですか記事みたいに、ロングテールが狙えるタイプ

 

もちろん、アクセスソースの主軸になりうる記事もあれば、ロングテールも話題性もない記事もあるでしょう。ただ、大多数は上記の2種類に落ち着くと思われます。

 

しかし、このままでは…クリエイターを、「食堂」に。になってしまいます。